四国は一つのアウトドアアイランド! 「楽しい」をつなげるZIP SHIKOKU!

お問い合わせはこちら

千羽海崖トレイルランニングレース2016

千羽海崖トレイルランニング

千羽海崖トレイルランニングレース2016

 1月24日に行われた「千羽海崖トレイルランニングレース2016」に、第1回からこのイベントの企画・運営を行っております、クーランマラン人力旅行社さんからお声掛けを頂き、お手伝い兼取材に行かせて頂きました。トレイルランニングとは舗装路以外の山野を走るもので、登山とマラソンを掛けあわせたような物、年々競技人口も増えている人気のスポーツです。マラソンに比べ、楽しみ方は人それぞれ、タイムを競う人や、景観を楽しみながら走る人、年齢も17歳から80歳近い方まで幅広いです。参加される選手の皆さんや関係者の皆さんは、普段から自然に対してローインパクで遊んでいるのだろうなぁと、思わせてくれるとても良い雰囲気の大会でした。




ショートクラス、スタート直前。これから楽しい事が始まる予感。

ショートクラス、スタート直前。これから楽しい事が始まる予感。

美しいコース。気持ちの良い所では走る。

美しいコース。気持ちの良い所では走る。

トレイルランニングは自分のペースで楽しめる

 大会の日は非常に強い寒波が西日本に流れ込む予報があり、開催を危ぶまれましたが、当日は天候に恵まれ太平洋に面した美しい千羽海崖のトレイルを楽しむ事ができました。冬の時期はトレイルランニングの大会は少ないとのことでしたが、海亀の産卵地として有名な徳島県美波町は温暖な地域なので、この時期にでも開催できるのでしょう。はじめてこのような大会を取材させて頂きましたが、物凄く楽しいスポーツでした。私のイメージでは登りも下りもとにかく走って、足を引きずりながらゴールすると言うイメージでしたが、それは一握りの選手が挑む事であって、実際に参加される殆どの選手は、みんなで楽しんで山を登ろう、気持ち良い所は走っちゃおって言う感覚。この感覚って童心に帰れるんですよね。楽しいはずです。

参加してみませんか?

 今回、ショートコース(13km)のスイーパー(最後尾に付いて、最終走者の確認を行う)をしながらの撮影でしたが、景観の良いコースで、気持ちよさそうに走る選手達を凄く羨ましく思ってしまいました。登山が好き、走るのが好きと言う方は是非トレイルランニングを初めてみてはいかがでしょうか?6月に同じくクーランマランさんの企画で「剣山スーパー林道マウンテンマラソン2016」が行われる予定です。南つるぎの山々を見ながらの走り。コースは眺望良好との事で、きっと気持ちの良いレースになりそうですね。今後、四国では美しい自然を使って、あらゆる所でトレイルランニングの大会が行われそうだなぁと確信しました。町の人達が一丸となってランナーを迎え入れる様子も素晴らしかったです。大会関係者の皆様、ありがとうございました。素晴らしい世界に触れました。紹介しきれなかった、大会の様子の写真をZIP-SHIKOKUの公式FBで公開しています。そちらもぜひご覧になって下さい。

時より見える千羽海崖からの太平洋も美しく、つい足を止めてしまう。

時より見える千羽海崖からの太平洋も美しく、つい足を止めてしまう。

前を走るのは、日本屈指のトレイルランナー鏑木氏。大会のゲストランナーでした。

前を走るのは、日本屈指のトレイルランナー鏑木氏。大会のゲストランナーでした。

ゴールの瞬間まで、レースを楽し参加者の皆さん。

ゴールの瞬間まで、レースを楽しむ参加者の皆さん。